忍者ブログ

更新は遅いです。自分のペースを守ります♪ この場位はv(。・ω・。)ィェィ♪

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/30 FK]
[03/24 えむ(牧野)]
[03/23 FK]
[03/23 FK]
[03/21 えむ(牧野)]
最新記事
(03/23)
(03/15)
(08/26)
(07/29)
(06/28)
プロフィール
HN:
FK
性別:
女性
職業:
役職
自己紹介:
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

バーコード
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、会議へ出席する為に電車移動しています。
寝坊したのでスッピンでスーツです(笑)

いやー、最近の子は本当に凄い。
電車の中でフルメイクでっせ(笑)

その非常識さとデリカシーの無さはもちろんだが
何より
この揺れる車内で、よくそこまでメイクができるなーっと(笑)

称賛に値する・・・


私、思うんですよね。

そこまで自分のメイク術に自信があるのか、と。


だって
あれと一緒じゃないですか。


IKKOのメイク術披露番組。


ここまで変わる!
驚愕のメイク術!!


みたいな(笑)


公共の場で
他人の前でメイクする。


『見て!』


ってコトでしょ?!(笑)

使用前→使用後
みたいな(笑)





そして彼女は
激揺れの車内で
マスカラに手を付けてます。

その前はアイプチを。



別人じゃ(笑)



いや、すごい。




全てをコンプリートした彼女は
ハンティングの為、意気揚々と出て行かれました。




以上、報告でした(笑)

拍手[0回]

PR
ええ。

最近ヒロウコンパイです。


ここを見て分かると思いますが
更新する気力すら残らない程
毎日
カラダを
そして
ココロを
酷使しているんです。

一日平均
15時間労働。

サービス残業という名の
タダ働き。

上司はクソ
個性派揃い。

たまらんですばい(;´д`)


最近
同僚の副主任H
上司の主任A・B
4人で
辞職への道を
切り開き中。

なぜなら


わが店のトップ。
はだかの王様こと
テンチョー(3*才)

そして

ただの副店長なのに
テンチョーから気に入られているばっかりに
「自分はこの店のNO.2なんだ」
と、ステキな勘違いをなさっている
いろんな意味で
スモールな副店長
略して

チビ

そして
上記の二人から
「格下」
の刻印を押されている
名前だけ副店長の
DJ T


「管理職」


と呼ばれる
この三人が
自店で好き放題なんですわー。

特に
生理的に受け付けないのが

チビ

彼はたぶん
「親友」
と呼べる人間がいません。

理由は簡単。

人間が小さい。
ココロが小さい。
器が小さい。
チ*コも絶対小さい。

からです。


彼は
精神的ないじめがダイスキらしく
よく人を
ネチネチネチネチ

長時間拘束します。

自分の仕事のスピードが
誰よりも早いと思っていますが
自店で最も
安全運転です。

もみじマークです。

そんなチビは
テンチョーから
絶対の信頼&権限を与えられていて

自分の仕事を
平気な顔して
なすりつけます。

しかも
部下だけならまだしも

同じ副店長の
DJに。

自分はケラケラ笑いながら
テンチョーとメシ食い。

他の店舗では
ありえません。

普通
設定の係り&釘の係り
分かれているのならば
閉店後のデータを見て
明日の調整を決めて
自らの手で
調整します。

その為に
副店長は
年がら年中
通しなのですが。

同じ様にキツイ思いをしているDJに




丸投げ(゚Д゚=)ノ⌒゚






そして
先に寝る。




何しに
きてやがる?




本当は
たくさん
書きたい事があるんですが

最近私は
ストレスの所為か

チビを考えるだけで

カラダに湿疹ができますw


たくさんありすぎて
パンク中ですwww




今日の事件はたいした事ないので
カキはやめますが
これからは
彼らのパワハラ
事細やかに
残そうw


気力がある日はねw




ほんと皆様
ご心配をおかけ致しております。
<(_ _*)> 




これからも


チビ



(=´ー`)ノ ヨロシク

拍手[0回]

久々の更新です。

実は今日。

部下の告別式でした。




20歳でした。



休み明けの出勤時に
カレシの家から
遅刻寸前で
慌てて車を運転したカノジョは

信号無視をしてしまった。

そして恐らく

シートベルトもせずに
スピードも出してた。




衝突。




私達、役職に回ってきた情報は

「アイツ、事故起こしたらしいよ~」

「あ~w あのコなら田んぼにおちかねないw」

今日中に連絡が来るだろうって事で
報告書を送り
ただの接触だって思い込み
連絡を待った。


待った。


来た一報は



「意識不明の重態」





え?
意識不明?

でも
あのコなら
帰ってくるよ。

あんだけ
打たれ強いんだから。。。




カノジョは
派遣社員で
かなりの天然ちゃん

スッピンで出勤したカノジョに

「まゆ毛書け~!化粧はしろ~!」

「おぉ~っ!ナルホド~っ」

「。。。は?」

「www意味わかんね~w
 化粧しろって!」


って怒った次の日。

ばっちりアイラインで出勤したカノジョの
目の下は

もうすでに

パンダ

アイラインが落ちたのか
マスカラなのか

両方なのか

「カレシんち泊まって
 フロ入ってね~な。。。」

バレバレw

叱っても叱っても

「ホワ~ン」

って感じのコだから

みんな

「あのコはしょうがないか」

「あのコは、あれでいい!
 ってか、あれがいいトコだよw」

ってなってた。



今までたっくさん
私達、役職・管理職から叱られて
同僚から叱られて

それでも
マイペースは変わらない

そんな
個性的で
かわいくて
超おもしろくて
超超天然ちゃん


意識不明なワケないじゃん!








5日後










訃報は、届いた。













「永眠しました」













聞いた話によると
衝突のショックで

肺が潰れていて
脳内出血が発覚して
脳圧が
普通の人間の
4倍にまで上がってしまっていたそうだ。

事故から4日間。
頭に穴を開けて
どこの毛細血管が切れているのか
特定できないため
穴からひたすら
血を抜いて
脳圧を下げようと
していたそうだ。

これで
生存確率
三割。

生存しても
何らかの形で
障害が残る。

ご家族は
そう宣告されたそうだ。

入院後3日目位に
その話を聞き

笑って待っていられなくなった。

毎日
毎時間
FAXが気になって
しょうがなかった

そんな中での

訃報

告別式

たまらなかった。

まだ20歳。。。














私は
カノジョの顔を見る自信が無かった

一気に
事実と直面する勇気が
無かったんだ





最後のお別れ

棺に順番に
お花を入れていく。

私は
大きなユリを手に取った

棺に

一歩

一歩。。。














白いニット帽をかぶった
カノジョ。

きれいな寝顔だった

見て
花を添えた

もう
この口から

「FK副主任!」

って
聞けないんだな。

「おぉ~っ
 了解でぇ~すっ」

って
聞けないんだ。。。




頑張ったんだね
よく頑張った

もう、苦しまなくっていいから

ゆっくり休んで
ゆっくり化粧して
ゆっくり歩いて
のんびりしてね。














そう思った。
















今さっき帰ってきたけど
自分が眠れなくって
五十時間近く起きっぱなしだって事に
二時間前位に気づいた。

こば。

私は忘れません。

こばとの絡み。
こばとの会話。
こばの表情。
こばの口癖。
こばの走り方。


こばを忘れません。

どうか安らかに。
待っててね。

今度はちゃんと
イケテるアイラインで
ばっちしキメててね^^


こばに会えて
本当によかった。

こばと働けてよかった。



だから
こばはちょっと休憩。

しばしの別れ。



また会える日を
楽しみにしてるけんね。






おやすみ、こば。




















拍手[0回]

明けましておめでとうございますw

去年の12月18日から
ずっと休み無く働きまして
しかも一日18時間労働

労働基準法って何ですか?!

というワケで今更の更新です。

実は一昨日、悲しいコトがありまして。



まずは一個目
一昨日は公休でした。
本当だったら、公休でした。

朝8時半

魔の電話がかかってきました。

「ごめん!派遣が一人出勤してこんけん
 今から来て!!」

睡眠時間2時間でした。

しかも
笑い事にされちゃいました。

開店作業というものがありまして
通常ならば1時間20分位かけて
行うものなんですが

出勤時間が
開店30分前

どうしろと?

いつも通り
何とかしました。


そして二個目。
その日は、店を辞めて熊本で頑張っている
元スタッフと食事に行く約束をしていたので
仕事が溜まっているにも関わらず
スタッフよりも早い時間に上がらせてもらったんです。
普通じゃありえないコトなんですがw

そしてスタッフにTEL

「あ~、今っすね~スロット打ってるんすけど
 結構イイ感じなんすよね~!!
 しかも今日あんまし長くこっちにおれないんっすよ

じゃあしょうがないか
(T_T)
楽しみにしてたケド、次回にまわそうか!
って話で落ち着きまして。

んで、もう一人一緒に行くコトになっていた人がいまして。
私の癒し担当の人なんですが。
同じ早番で
私は次の日遅番
彼は休み
しかもその日は
楽しみにしていた食事は無くなるは
公休無くなるわで
さんざんな一日だったので
彼に癒してもらおうと思っていたら
先ほどのスタッフからメールが。

「めし~!
  (∩´)∩ワーイ」

は?
意味わかんない。
さっき「時間無いしスロットが」
ってゆってたのに?
ちょっとカチンときて
その内容でメールしたら
TEL
がありまして

「副主任、すいませ~ん!
 今、M(癒し担当のコト)から電話があってですね~
 スロ止めてメシだけでも行こうかって話になったんですよ!

 って、あれ?キレてます?」

怒りゲージ MIN ■■■■■■■□□□ MAX

あんだけ楽しみにしてた食事。

二人で行くって?!






ふ~ん






まぁでもわかんない。

Mなら迎えに来て拾っていってくれるかも。
























「じゃ、とりあえず合流してくる~!」




















泣きました。

情けなくて泣きました。

私の器が小さいと
思うかもしれません。

そうなのかもしれない。

けど
いいわけが許されるのならば

ものすごく楽しみにしていたんです。
仕事、てんこ盛りの中
普段なら我慢して仕事を取っていたのに

ものすごく楽しみだったから
仕事後回しにしたんです。

あんまし遅くなれないってゆうから
遠慮したんです。

3人で行く約束してたから
迎えを待ってたら
裏切られたんです。

何だろう。

ウキウキしてた自分が
すげ~バカじゃない?
って思えて

泣けてきました。

もう少し
私の気持ちを考えて
行動して欲しかったなあ・・・

自分が楽しければ
それでいいのか・・・

前からそうだった。

何回も傷ついたり
何回も泣いたり
何回も怒ったりしてきました。

今回は
本気で
愕然としました。

もう
会いたくもなかったし
連絡もして欲しくなかったし
「終わったな」って思った。

ここまで思いやりに欠けた人間がいるんだ?
って思った。




その後
Mを呼び出して
話をしました。

久々に
ちょっとキレました。

話し合いの結果

理解して頂けたみたいです。

あまり他人に干渉しないヒトなので
余計に拍車がかかってしまっている模様。


落ち込んでいました。

凹ませたかったワケじゃない。

わかって欲しかっただけ。

一緒に居るなら
お互い成長したい。

そう思います。

人一倍、不器用な彼と
一緒にいたいと思っています。

「好き」って
前ほど言ってくれないけど
誕生日プレゼントまだくれないけどww
身の回りの片づけが苦手なFKの面倒を
みてくれるって言いつつ絶対忘れてるけど

「その肌荒れはオレが治す!」
と言ってくれたことが嬉しかったので
心待ちにしてます。

そして
これからも
キレながらも
一緒にいれたらいいなあって思います。

(=´ー`)ノ ヨロシク 
癒し担当クン☆彡

拍手[0回]

いやぁ~

今日、うちの上司が愉快な歌を歌ってましてね~


「♪シングルベ~ル シングルベ~ル
  僕 ひぃ~とりぃぃぃぃぃぃ~♪」


切なっ!!



そんなこんなで
久々に更新です

毎日、欠かさずに更新状況を覗きに来てくださる方々。。。
なんて奇特な。。。
いやいや、感謝・多謝。。。
そしてご心配をおかけ致しております。

どうも私には
時間
創作意欲
時間
時間
睡眠
睡眠
睡眠
が足りていない様です。

こんなぐぅたらな私の文章でよければ
「この**がっ!」
って思いながらでも結構です!
チラ見して下さい。


さて、創作意欲で思い出しましたが
私、こう見えましても
小学生・中学生時代には
オタク様
達のエリアに片足を突っ込ませて頂いておりました。
アニメ・ファンタジー小説・ゲーム。。。
愛してました。
ゲームとアニメは今もですが。。。
いやぁ~
今考えると濃かった!
透明の下敷きにですね
自分が愛しているアニメのキャラを
写して、世界に1個の下敷きを作成するわけですよ!
こう。。。
透明なので下に原画を敷いて、上からマッキーでキュッキュッって。。。
ちなみに私が愛したキャラは
飛影(幽幽白書)
でした。

えぇ。
たまらなく愛してましたよ?

当時のヲタ相方はクラマでしたね。
(飛影以外は漢字覚えてないあたりw)
蔵馬だっけか?

いやぁ~
楽しかったんですよ~!

街に繰り出しては
アニショップへ行って
当時の同人誌等を見て
「飛影とクラマって。。。!」
とかって勝手にドキドキしたり
本屋で5時間超えの立ち読みをして
首が持ち上がらなくなり
本気で涙目になったり。。。

中でも痛烈なのが。。。






FK










小説書いてた~~~~~~~~















やっちゃってた~~~~~~~~~


















いやぁ~
だってそうでしょ?
ファンタジー小説を
こよなく愛し
月3000円のお小遣いから
一生懸命に小説を買って

買えない分を
5時間の立ち読みで
頚椎捻挫をくらいながら
補っていた位の
FKですぜ?!

そりゃぁ~
書くでしょ?!

それは中学生のFKに襲い掛かった悲劇。

ヲタ相方のYとつるんでいたFKですが
結構、交友範囲は広く
(バスケ部所属も手伝い)
学年で目立つグループのオンナノコと
交換日記をしていた。

ここで補足。

私達の時代は
オンナノコ同士で交換日記をするのがブームだった。
元々の交換日記の意味を知らなかったFKは
働き始めて、本当の交換日記の意味を知り
軽く、凹。

んで。
その年は
3・4個掛け持ちしてて。。。
1個はヲタ相方 Y
1個は目立つ子 N
1個はバスケ部 A達
だったかな?
その中のNとは仲が良くて
お互いの趣味とか悩みとか
本気で書きあっていました。
香水をノートにしみ込ませてる様な
オチャメな子でした。

私は本気で小説家になりたくて
家でシコシコと
小説を書き溜めていました。

投稿も考えました。

そんな中

「面白いのか?これは。。。」

いっちょ前な不安感。。。

ヲタYに見せようかとも考えましたが
「駄目だ!こいつは目が肥えてる!」

ビビリFK炸裂です。

そして食いついてきたのが
人気者Nでした。

恐る恐る
Nにネタ帳を差し出すビビリ。
軽く読んで
「家で読む」
と言って去るN。
























24時間後



























授業中にクラスメイトに
回し読みされている
私のネタ帳。。。


















もうね
消えようかな~ってw

授業後の休み時間にはもう話題沸騰なワケですよ

「以外やね~。。。FKが。。。」
「ウケる!」
「いや、でもさ~。。。」

得意げなN。
グッジョブなN。
新鮮な話題を皆に提供したのだから
そりゃ~天狗ですぜ。



その瞬間から
私の夢、崩壊。



創作意欲
皆無。





















思うんですよね。
子供の可能性って
無限大。
それを
思春期の多感な時期にもぎ捕ると
将来に影響する。

私達の時代って
イジメまっただ中でしたから。

そうゆうネタって
黄金だったんですよね~

今考えると
あのまま
小説の道を選んでたら
苦労して
ガッカリして
毎日大変だったのかもって思う反面

あのまま
小説の道を選んでたら
どんどん文学を吸収して
心理学や
物理学や
興味のあるものは全て
頑張ってたんじゃないかなって

もったいない事したなって思う。

今の私だったら
あの時の私みたいに
貪欲に吸収はしてないカモ




役立ってるのは文章作成に
あまり苦労しないって事位でw





だから
新人に対しても
頭ごなしに否定したり
バカにしたり
絶対にしちゃいけないって思う。

芽を摘みたくないから。













って
書きながら凹んできた~w

いやぁ~
懐かしいw


ってワケで
眠いので寝ます

年末年始は
馬並みに働き詰めです♪

応援してねん☆





でわ


||寝室||Ю o(▽` o) =3 =3 =3 オヤスミー♪

拍手[0回]

Designed by 桜花素材サイト